企業理念

「欲しい気持ち」が「ちょうどいいもの」に出会えるように、
探してもらえるコンテキストを。

ストーリーやコンテキストこそが人を動かすのではないでしょうか。
一つの単語だけで多くの人を動かすのは非常に難しいとしても、コンテキストさえあればより多くの人を動かすことができるのでないでしょうか。

私たちの表現するコンテキスト(文脈)とは、文章だけでなく、画像などのつながりも含めたコンテンツの流れのことです。
ウェブコンテンツに画像があるとき、画像の質や構図はもちろん、画像を貼る順番や位置でさえも、大事なウェブコンテンツの文脈であると考えます。誰に向けた記事なのか、何を目標とするウェブサイトなのかも、大事な文脈であると考えます。

そうした文脈がどうあるかによって、成果を出すコンテンツやウェブサイトを作成することができると考えています。
また、インターネットによる検索時にも、探してもらうためにはきちんとしたコンテキストが必要であると考えます。コンテキストが適切でなければ検索エンジンに評価してもらえず、必要な人に探してもらうことはできなくなってしまいます。

コンテキストが充実することによって、インターネットの中の価値あるコンテンツの「もったいない」が解消することを切に願っています。

「欲しい気持ち」が「ちょうどいいもの」に出会えるように、
探してもらえるコンテキストを。